QQコール
ホーム >製品用途
技術支援

NTC: Negative Temperature Coefficient 負の温度係数


Thermistor::Thermally Sensitive Resisto

サーミスタ

NTC特性:温度があがるとともに、抵抗値は素早く減少する 

サーミスタは負の温度係数を有するNTCサーミスタ(Negative Temperature Coefficient Thermistor)です。金属酸化物を主原料として高温にて焼結される高性能セラミック半導体です。 このため、温度上昇とともに抵抗値が減少して、逆に、温度下降とともに抵抗値が増加するという温度変化に素早く応答する特性を持ちます。


1. RT

Tの温度で測定される抵抗値です。(電力が精度に影響しない条件で)

2R25

公称ゼロ負荷抵抗値です。25℃で測定される抵抗値です。

3B定数

B定数は次式より算出できます。


4、熱放散定数δ

δ=ΔP/ΔT (mW/)

熱放散定数は熱平衡状態でサーミスタ素子の温度を、自己加熱によって、1℃上げるために必要な電力を表す定数。δは、被測定物の状態、周囲条件の違いにより変化します。

5、熱時定数τ

ゼロ負荷の状態で、サーミスタの周囲温度を急変させた時、サーミスタ素子の温度が最初の温度と、目標温度との温度差の63.2%変化するのに要する時間を表す定数。Τは電気容量Cに正比例します。Τとδは反比例します。

τ=C/δ

6、定格電力Pr

定格電力=熱放散定数δ×(最高使用温度Tmax-25℃)


7、抵抗―温度特性

抵抗値が温度変化によって変化する規律は以下です。


 


二、製品の用途別に分類する

三、製品の温度範囲を明確にします。対応材料とパッケージを選択します

四、所望の温度での抵抗値(ゼロ電力の抵抗値)rt及び材料定数- b値を明確に設計する

クリックして :
五、必要な応答速度、暑い時間定数を明確にするτ
热时间常数τ通俗的说就是标示NTC热敏电阻器/温度传感器感测温度的灵敏度。
在零功率条件下,当温度发生突变时,热敏电阻体温度变化了始末温度差的63.2%所需的时间。

选择合适的τ:τ值直接反映NTC测量温度的响应速度,但不是越小越好,确定τa值需要比较与权衡。因为τ值与它的封装尺寸有关,NTC的封装尺寸小,则τa值小,机械强度低;封装尺寸大,则τa值大,机械强度高。
クリックして :
六、使い捨ての係数を知るδ

即:在规定的环境温度下,热敏电阻器耗散功率变化率与其相应温度变化之比。它表示使热能电阻体升高1℃温度所需消耗的功率。在工作温度范围内,δ随环境温度变化而有所变化。

クリックして :
七、品定めを確定するPn

在规定的技术条件下,热敏电阻器长期连续工作所允许消耗的功率。在此功率下,电阻体自身温度不超过其最高工作温度。



NTC热敏抵抗及び温度センサの用途Pn
応用回路设计:チップ温度测定、温度制御、过热保护、温度补偿Pn
mqu.cn site.nuo.cn